一般家庭の金融資産はどれほどか

将来が不安定だからこそか

株や投資信託は怪しいから、やはり将来のために貯金をしておこうと考える人は多いでしょうが、これは明らかに間違っています。少し前の世代は貯金でも利回りが良くて資産形成には役に立ったのですが、今はそうではありません。将来が不安定だからこそ投資しなければならないと考えておくべきでしょう。 その理由をいくつか挙げてみたいと思います。最も大きな理由はインフレです。もしも貯金に預けていたとしても、現在は非常に金利が低い状態ですから、ほとんど増えないと言っても良いくらいです。貯金で増やすことは無理だと考えておいた方が良いのです。それにもかかわらず物価は上昇していきます。 このような状況では、実質的に貯金の資産価値は下落するしかないのです。将来のことを考えるのなら、将来に使えるだけの資産を残さなければなりませんが、そのためにはインフレに強い資産を持たなければなりません。その方法はいくつかあるのですが、最も簡単なのが株式投資です。