一般家庭の金融資産はどれほどか

増やすための行動は

お金の増やすための行動はいくつかあり、それぞれによってリスクが伴います。もっとも安全なのが預貯金や定期預金ですが、国内では低金利のため、それほどお金を増やすことができません。しかし、預貯金および定期預金は銀行や信用金庫など金融機関が破綻しても1000万円までは保護されますし、近年は監督官庁の監視が厳しいこともあり、金融機関が破綻することなくなってきていますので、もっとも安全な方法と言えます。また国債も利率は低いものの安全に増やすことができる方法です。 一方で、金融商品は投資運用を間違うと失うリスクを伴います。株取引ではその株が行う配当や優待を期待するのと、株を購入した価格と売却するさいの価格差を利用して利益を得る方法がありますが、株価の動きを理解しタイミングよく売買する必要があります。上手く行けば多くお金を増やすことができますが、場合によっては大きくお金を失うリスクがあります。これらは外国為替証拠金取引であるFX取引でも同様です。