一般家庭の金融資産はどれほどか

投資はリスクが高い資産

一般家庭にはどこもある程度の資産があるものです。その中でも運用して増やすことを目的としたものとして投資用の運用資産を持っている家庭が近年増えてきていますが、リスクの高い投資に回している家庭はまだあまり多くありません。一般的に投資には余剰分を回すのが適当とされているため、わざわざリスクのあるものを持とうとする人は多くないのです。 この様な投資の特徴というのはその価値の増減が大きく起こることを特徴としています。定期預金の様に伸び城は少ないものの必ず増えるものもあれば、外国為替の様に短期間でかなり大きな価値の増減が発生するものもあります。リスクが高いというのは価値が目減りしてしまう可能性が高いということを意味している言葉であり、短期間で価値が現存する恐れがあるという種類の資産のことを言います。しかしその様な危険性がある半面、大きくその価値を伸ばすこともできるのです。このようなものを上手に扱うことができるバランス感覚が求められています。