一般家庭の金融資産はどれほどか

家計の助けになるのか

日本社会における様々な家庭の中で、他の人の場合にはどれぐらいの金融資産を保有しているのか気になることもあるでしょう。 日本においての2人以上で生活を行っている一般家庭での金融資産である貯蓄額としては、平均的な値が1000万円以上の金額というデータがあります。 家庭においての金融資産としての内容に関しては、銀行や郵便局などに入れている預貯金がおよそ54%、株式投資や債券の購入、投資信託などに使っているお金がおよそ16%ほど、その他については保険や金融商品につぎ込んでいるお金となります。 このような調査の中で出てくるデータとしては、全体の世帯の7割ほどの家庭においては平均値よりも低い金融資産しか保有していないことになります。 平均値というものは極端に大きい数字が混在することによって、平均値全体としては大きいものとなりますので、ひとり金額の大きい人がいると全体の平均値が引き上げられることになるからです。 それぞれの家庭においての金融資産の中央値という考えた方を用いた場合には、およそ400万円が全体の中央値と考えることができます。 金融資産について考えるときには、10年後や20年後において自分やその家族がどのように変化しているのか考えておく必要があって、そのために現在においての家計をやりくりすることが大切です。 家族構成の変化や収入や雇用について、子どもの教育費がどれぐらいかかるのか、住宅ローンの残高であったり住宅についての修繕費なども考慮に入れておく必要があると言えます。 住宅ローンや自動車ローン、保険や必要なものの購入など一般的に家庭にかかる費用についてシミュレーションしておくことが大切になります。 生活に必要な費用をあらかじめシミュレーションしておくことによって、家計について助けになることを選択することで自分がどれぐらいお金を使っているかを把握することができます。 金融投資や冠婚葬祭にかかる費用、またはクレジットカードやキャッシングを利用して家計をやりくりするために、お金を借り入れることも考えられます。 家計の助けになるようなやりくりを実現させるためには、その場で即決しないで時間をかけて考えてからお金を使うことが経費を節約するためのコツとなります。