一般家庭の金融資産はどれほどか

富裕層だけのものではない

資産運用というと、富裕層が行うものだというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。少し前の時代には、確かにその傾向はありました。株式投資と言っても、分散して資産を持つためにはやはり数百万円から数千万円の資金は必要な時代がありましたから、あまりお金のない人には難しいものだったのです。 かつては、一般の人は預貯金で資産を形成するというのが普通でした。株式投資をしているというと、少し怪しい人だと思われてしまうこともありました。また、金利が高かったために、株式投資をしなくても預貯金だけで資産形成ができましたし、経済が好調でしたから、特に将来のことを不安視する人もいなかったのです。このようなことがあり、資産運用というと富裕層のものというイメージが日本には定着してしまったのだと考えられます。 しかし今はそうではありません。預貯金で資産形成をするのはほぼ不可能だと言っても良いでしょう。なぜならば金利が低く、インフレ率が高いからです。インフレ率を金利が下回っている現在では、預貯金をいくら持っていても実質的に資産は減少して行かざるを得ません。インフレ対策として何かを行わなければならないのですが、そのためのもっとも良い方法が株式投資です。 株式投資と言っても、富裕層が行うように直接株を買うという方法以外にもいろいろな方法があります。最も簡単な方法は投資信託を用いることです。投資信託なら数千円程度から買い付けることができますし、証券会社に口座を開かなくても、銀行などの金融機関で投資ができます。 投資信託以外の方法としてはETFなどがあります。ETFも投資信託の一種だとも考えられますが、一般的な投資信託に比べるとかなり低コストです。長期的な資産を形成するためのものとしては非常に優れていると言えるでしょう。また、買い付け単位も小さいですから、富裕層でなくても少しずつ投資することができるというメリットもあります。